屋根リフォームは定期的なチェックが大切です。|立川・昭島・国分寺でリフォームのことなら建木工務店へ

株式会社建木工務店

0120153298

メールでお問い合わせ

お知らせ

リフォーム日記

屋根リフォームは定期的なチェックが大切です。

2016年10月28日



急な雨漏りや、塗装のめくれ等、予期しないタイミングで屋根のトラブルは起こるものです。補修、清掃、塗り直等、定期的なチェックをしておくといざという時の工事費用も大幅にかからずに済む場合があります。(放置してしまうと少しのメンテナンスでは補えず大きな費用となってしまいます)
普段は見えない部分という事もあり、あまり普段から気にしている方は少ないと思います。
ここでは日々雨風から守ってくれる屋根、そのリフォームについてご紹介していきます。


屋根リフォームを行うタイミング


太陽光、紫外線、雨によってどんどん劣化し、最終的にボロボロになってしまいます。屋根塗装もしないでそのまま放置してしまうと、どんどん劣化がすすみ補修もできなくなってしまうのです。屋根材が劣化してしまった後では、屋根材をまるごと全部取り替える「葺替え」という工事が必要となります。そうなる前に、築10~12年で屋根塗装をして劣化を防ぐ、そして築20~25年の時点で葺替えをする。ベストなメンテナンスと言えます。
何もメンテナンスをしないで放置することは、費用も余分にかかってしまうので、こうしたタイミングに上手にメンテナンスして行かれることをオススメします。
また、外壁に亀裂が入り雨漏りがしてしまうことがありますが、外壁塗装をしようかとお考えの時は、屋根も同時にすることで足場費用が節約になりますので、両方の状況を考慮にしれながらタイミングを決めることも良いといえます。平均では築10年前後で屋根もチェックして行なう方が多いです。
また、コケやカビが繁殖して緑色、赤色に変色しているかどうか、塗料が剥がれていないか、雨漏りはしていないかなどチェックして行ないます。


屋根リフォームの流れ


施工前


施工中1


施工中2


施工後


屋根リフォームで使用する塗料の種類


塗り替え

既存の屋根を塗装します。
利点は安価で経済的な所です。注意点としては屋根材自体が劣化している場合塗り替えはできません。


葺替え

既存の屋根を撤去し、新しい屋根材を施工します。
利点は新品同様になることです。


屋根リフォームの基礎知識


屋根は外壁とは違いなかなか見る機会がなく、劣化に気づきづらい所と言えます。
3~5年ごとに自分でチェックすることもできますが、業者に見てもらいチェックしてみるのも良いことです。プロからチェックしてもらえれば「隠れた劣化」なども見つけてもらい費用も最上限にしてどんなメンテナンスが必要か教えてもらうことができます。(当社ではチェック後、メンテナンスが必要であればどんな工事が必要か、どのくらいの費用がかかるのか見積を無料で行っております。
もちろんチェックしてメンテナンスが必要なければ不必要な工事をオススメすることはありません。同時にいつ頃どのようなメンテナンスが必要かもお伝えしています。)
スレート屋根のリフォームでは葺替えよりもカバー工法は費用や工期を抑えられる。屋根が重くなり耐震面では不利と言えます。
軽い屋根材へ葺替えると、耐震性がアップします。屋根材によって必要な勾配やメンテナンス費用に違いがあります。


屋根をリフォームするときに気をつけたいポイント


Point1

スレート屋根は築10年目位に塗装を行ない、築25年目程度で葺替えかカバー工法でのリフォームが選択肢となります。


Point2

瓦からスレートへ葺替えで耐震性を向上、重い瓦屋根の場合、リフォームでスレートやガルバニウム鋼板に葺替えると屋根が軽量化され耐震性が向上します。


Point3

屋根材は素材によって塗り替えや葺替えを必要とする時期が異なりますので、メンテナンス費用も含めて検討が必要となります。


屋根リフォームで使用する屋根材の種類(代表的な種類)


コロニアル


シェア№1の屋根材です。薄い板状瓦です。カラーベスト、スレート瓦、化粧スレートとも呼ばれているので聞いたことはあると思います。価格・グレードは色々とあります。


コロニアルの特徴

■強度・・・割れやすい
■寿命・・・20~25年
■重量・・・軽い
■メンテナンス・・・約10年で塗装
■デザイン・・・スッキリとしていて色合い豊富
新築で最も普及している屋根材と言えます。
■価格の目安・・・5000~7000円/㎡(材料費、施工費)
※リフォームでは葺替えとなり 他に撤去費用、足場費用、廃材費用等かかります。
(メンテナンス時の屋根塗装費用は、20万円~(20坪~30坪)
加えて足場設置費用15万円~  )


コロニアルのメリット

・施工が簡単
・低価格
・軽量なので地震に強い
・耐久性に優れている
・色が豊富


コロニアルのデメリット

・カバー工法は適していない
・伝統家屋にはデザインが単調なので適さない
・定期的な塗装が必要。

ガルバリウム鋼板(金属屋根)


ガルバ屋根、軽量金属屋根とも呼ばれている。
既存のコロニアル屋根に直接張るリフォーム(カバー工法)でよく知られ普及している。ガルバリウム鋼板には裏に断熱材が充填されているものもあれば、されていないものもあります。


ガルバリウム鋼板の特徴

■強度・・・へこみやすい
■寿命・・・50年以上
■重量・・・非常に軽い
■メンテナンス・・・基本的に不要
■デザイン・・・形、色ともに豊富
トタン板より4倍~6倍もサビにくいのが特徴的です。
■価格の目安・・・6000円~8000円/㎡(材料費、施工費)
※リフォームでは葺替えとなり 他に撤去費用、足場費用、廃材費用等かかります。


ガルバリウム鋼板のメリット

・既存のコロニアル屋根に直接張ることができる(屋根カバー工法)
・リフォーム市場 施工実績があるので大変評価されている。
・軽量で地震に強い。
・高耐久性
・断熱効果がある。(断熱材が充填されている場合)
・頻繁なメンテナンスが不要
・和風から洋風まで豊富なデザインがある


ガルバリウム鋼板のデメリット

・比較的高価
・常時の浸水に弱い
・アルカリ性に弱い(地域によって適さない)


セメント瓦


セメント瓦の特徴

■強度・・・普通
■寿命・・・30~40年
■重量・・・重い
■メンテナンス・・・15年~20年で塗装
■デザイン・・・和風、洋風、北欧風と選べる
今は、洋風瓦や北欧風もあり色々選択できるバリエーションが豊富になりました。
■価格の目安・・・6000~8000円/㎡(材料費、施工費)
※リフォームでは葺替えとなり 他に撤去費用、足場費用、廃材費用等かかります。


日本瓦


日本瓦の特徴

■強度・・・強い
■寿命・・・50年以上
■重量・・・非常に重い
■メンテナンス・・・随時、漆食チェックが必要
■デザイン・・・和風
昔からの日本のポピュラーな屋根材ですが減少傾向にあります。
■価格の目安・・・8000円~10000円/㎡ (材料費、施工費)
※リフォームでは葺替えとなり 他に撤去費用、足場費用、廃材費用等かかります。


屋根リフォームの費用


材料費、施工費に加え、現状の屋根材を撤去、処分する必要があります。撤去作業費、処分場までの運搬費がかかってきます。アスベストを含んだ屋根材には処分費用が多くかかるというのも現状です。さらに葺替えの際は足場を設置して作業しますので足場費用も発生します。


屋根リフォーム-耐震について-


耐震の観点では屋根は軽いほうがいいと言えるでしょう。屋根の重量は耐震性と比例するので軽くて強い屋根材に葺替えリフォームすれば、地震の影響を軽減できます。家屋上部が軽ければ建物の重心が低くなります。横の振れ幅も軽減するので瓦が落ちる心配もありません。合板を張ることで耐震性が増します。


屋根リフォームについてのまとめ-


いかがでしたでしょうか。一言に屋根リフォームと言っても、定期的なメンテナンスの有無や初期の施工によって補修が難しいくらいまで劣化してしまったり、余計に費用がかかってしまうこともあります。
また、屋根材にも様々種類があり、それぞれにメリットデメリットがある事もお分かり頂けたかと思います。
是非この機会にご自分が生活をしている住居の屋根について、メンテナンス等を通して現状の把握をしてみるのも良いのではないかと思います。



建木工務店の屋根リフォーム施工事例はこちら

ページ先頭へ